ニュース – コマニー株式会社 http://www.wxyongxin.com 「パーティション(間仕切り)」で快適空間?機能空間を創造するメーカー?コマニー株式会社 Tue, 01 Sep 2020 08:23:28 +0000 ja hourly 1 コマニーグループ統合報告書2020発行のお知らせ http://www.wxyongxin.com/news/2020/09/01/15657/ Tue, 01 Sep 2020 06:00:31 +0000 http://www.wxyongxin.com/?post_type=news&p=15657 続きを読む コマニーグループ統合報告書2020発行のお知らせ]]> コマニーグループ統合報告書2020を発行

~コマニーの2030年に目指す姿を明確にしたコミュニケーションツール~

 

2020年9月1日

 

 パーティションで快適空間?機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役社長執行役員:塚本健太)は、従業員やお客様、投資家様、地域社会などあらゆるステークホルダーを対象としたコミュニケーションツールとして「コマニーグループ統合報告書2020」を2020年9月1日に発行いたしました。

 

 

▲統合報告書表紙

 

▲統合報告書2030年に目指す姿

 

 

 統合報告書とは、財務情報(定量的データ)と非財務情報(定性的データ)との両方の観点から、自社の独自の強みや経営ビジョン、今後の事業展開とその見通しについてまとめたコミュニケーションツールとなります。

 全てのステークホルダーの皆様に、よりコマニーを理解していただくために、当社の統合報告書では、トップメッセージをはじめ、これまでとこれからの価値創造を描いた「コマニーの価値創造ストーリー」、主力事業である間仕切事業の戦略を明記した「コマニーの事業戦略」、サステナビリティ経営を行う上でのさまざまな取り組みを紹介している「サステナビリティ経営の取り組み」を掲載しています。

 今後、本レポートをステークホルダーの皆さまとの対話の中で積極的に活用するとともに、皆さまからのフィードバックをいただき、さらなる内容の充実を図ってまいります。

 

 

統合報告書(PDF)

 

 

プレスリリース全文(PDF)

 

 

]]>
国連グローバル?コンパクト主催 「新型コロナウィルスへのビジネス界の団結」キャンペーンへの参加について http://www.wxyongxin.com/news/2020/04/22/15033/ Wed, 22 Apr 2020 02:32:51 +0000 http://www.wxyongxin.com/?post_type=news&p=15033 続きを読む 国連グローバル?コンパクト主催 「新型コロナウィルスへのビジネス界の団結」キャンペーンへの参加について]]> 2020年4月22日

 

当社が署名している国連グローバル?コンパクト主催の「新型コロナウイルスへのビジネス界の団結キャンペーンCEOメッセージ募集」が開催されており、当社代表取締役社長執行役員 塚本健太より当社のコロナウイルスに対する対応メッセージを発信させいただきました。

この取り組みは国連グローバル?コンパクト会員企業のCEOもしくはそれに準ずる経営者が、新型コロナウィルスへの対応の考え?や取り組み状況について発信し、取り組み共有による相互サポートをすることで、コロナウイルスの危機を共に乗り越えるための活動です。

 

国連グローバル?コンパクト CEOs Taking Action: Call for Video Submissions(各企業のCEOメッセージ)

 

 

 

]]>
SBTイニシアチブに基づく二酸化炭素削減目標の設定宣言についてのお知らせ http://www.wxyongxin.com/news/2020/02/17/14907/ Mon, 17 Feb 2020 06:00:32 +0000 http://www.wxyongxin.com/?post_type=news&p=14907 続きを読む SBTイニシアチブに基づく二酸化炭素削減目標の設定宣言についてのお知らせ]]> コマニーはSBTイニシアチブに基づく

二酸化炭素削減目標を設定することを宣言
~SDGs推進で持続可能な脱炭素社会の実現に貢献~

 

2020年2月17日?

 

 

 パーティションで快適空間?機能空間を創造するコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役社長執行役員:塚本健太)は、国際的な環境団体であるSBTイニシアチブが定める、科学的に整合性のある二酸化炭素削減目標を設定することを1月17日に宣言しました。

 

 SBT(Science Based Targets)は、CDP※1、国連グローバルコンパクト、世界資源研究所、世界自然保護基金の共同イニシアチブで、企業が産業革命前の温度と比較して地球の気温上昇を2°C未満に保つために必要な脱炭素のレベルに従って、排出削減目標を設定することを支援しています。

 コマニーはSBTが定めるScope1~3※2の二酸化炭素排出量を算出し、二酸化炭素削減のためのロードマップを策定しました。そしてコミットメントレターを提出し、削減目標を設定することを宣言しました。今後はSBTイニシアチブ基準に沿った目標を設定し、SBT認定を申請した後審査が行われ、認定基準を満たすことで認定となります。目標設定を目指す企業はコマニーを含めて日本国内で24社(2020年1月21日時点)あり、今後は目標設定済み企業(SBT認定)を目指し、認定条件を満たすべく取り組みを進めていきます。

 

 

 

コマニーの二酸化炭素排出量削減の取り組み

 コマニーはSDGsを積極的に推進し、社会貢献活動や働きやすい環境づくりなどに取り組んでいます。その取り組みの中で、後世に美しい地球環境を残すための環境活動も展開しています。

 二酸化炭素排出量削減の取り組みとして、2030年までに使用電力を50%再エネに転換することを目標とし、2014年から太陽光発電システムを稼働?拡大しています。その他にも、日本気候リーダーズ?パートナーシップ(JCLP)への加盟や再エネ100宣言 RE Actionへの参加などを行い、環境に関する知見の向上や先進企業とのネットワークを作り、持続可能な脱炭素社会の実現を目指しています。

 

※1 CDP:気候変動など環境分野に取り組む国際NGO。

     2000年に設立された「カーボン?ディスクロージャー?プロジェクト」が前身。

※2 Scope1:企業自身が直接排出した温室効果ガス排出量(化石燃料、天然ガスなど)  

  Scope2:間接的に排出した温室効果ガス排出量(電気など)  

  Scope3:間接的に排出するサプライチェーンでの温室効果ガス排出量(製造、輸送、通勤など)

 

 

▲コマニー本社工場上の太陽光発電システム

 

 

▲CO?削減イメージ図

 

 

 

プレスリリース全文(PDF)

]]>
「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」 行動宣言への賛同のお知らせ http://www.wxyongxin.com/news/2020/02/03/14879/ Mon, 03 Feb 2020 04:00:03 +0000 http://www.wxyongxin.com/?post_type=news&p=14879 続きを読む 「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」 行動宣言への賛同のお知らせ]]> 「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言へ賛同

~ダイバーシティ&インクルージョン推進で女性活躍取り組み強化~

 

2020年2月3日?

 

パーティションで快適空間?機能空間を創造するコマニー株式会社の代表取締役社長執行役員の塚本健太は、2020年2月3日に内閣府が支援する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言に賛同しました。

 

 

▲「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言ロゴマーク

 

 

2014年3月に首相官邸で開催された「輝く女性応援会議」を契機に、2014年6月、女性の活躍推進に積極的に取り組んでいる企業の男性リーダーにより、「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言が策定されました。

この行動宣言は、組織のトップを務める男性リーダーが様々な女性の意欲を高め、その持てる能力を最大限発揮できるよう「自ら行動し、発信する」「現状を打破する」「ネットワーキングを進める」ことを宣言するものです。

賛同する男性リーダーが宣言に沿って具体的な取り組みを進め、取り組みの輪を社会的に影響力のある男性リーダーに広げていくことを目指しています。

 

 

一人一人が光り輝き活躍できる組織の実現

コマニーでは、多様性を尊重し、それぞれの個性を発揮できる環境を築いていくことが成長戦略の軸となるという認識のもと、ダイバーシティ&インクルージョン(以下D&I)とワーク?ライフ?バランスの推進に取り組んでいます。具体的には、女性従業員の活躍、定年再雇用や障害者雇用、さらには外国人雇用の拡大など一人一人のもつ多様な能力「自分らしさ」を発揮できる組織の実現を図っています。

 

これらを実現するため、2019年には初の女性社外取締役が就任し、経営層を主導としたサステナビリティ経営推進委員会、D&I推進分科会を発足させ、さまざまな課題を洗い出し取り組みを進めています。女性活躍推進においては、2030年までに女性従業員比率を30%、女性管理職比率を20%まで引き上げることを目指し、女性も男性も働きやすい職場づくりや風土の醸成、人財育成や採用計画を推進していきます。

 

 

 

コマニーの女性従業員人数?女性管理職人数と比率の推移

 

 

 

 

コマニーグループ統合報告書2019

当社の目指す姿や価値創造の取り組みを紹介している「コマニーグループ統合報告書2019」は当社のホームページからダウンロードできます。

 

 

コマニーグループ統合報告書2019

 

 

 

 

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言ホームページ

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言の詳細はこちらからご確認いただけます。

 

男女共同参画局ホームページ

 

 

 

プレスリリース全文(PDF)

]]>
「誰一人取り残さないレポート」 公開のお知らせ http://www.wxyongxin.com/news/2019/12/10/14692/ Tue, 10 Dec 2019 06:00:34 +0000 http://www.wxyongxin.com/?post_type=news&p=14692 続きを読む 「誰一人取り残さないレポート」 公開のお知らせ]]> 世界人権デーに公開

コマニーが「誰一人取り残さないレポート」を発行

~現代の社会問題をSDGs推進で解決~?

 

2019年12月10日?

 

パーティションで快適空間?機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松 市、代表取締役社長執行役員:塚本健太)は、SDGsを積極的に推進する企業として、企業の目指す姿と活動内容を紹介する「誰一人取り残さないレポート」(以下、誰レポ)を、SDGsに特化したコミュニケーションツールとして12月10日に公開しました。

このレポートでは、コマニーの目指す姿や独自性?社会性のある活動と商品を紹介しています。企業経営を行う上で特に幸福にすべき人達や、それらの人達をコマニーの技術で幸福にする取り組み事例、達成に向けた活動を詳細に記しており、ステークホルダーの皆様に当社をより理解していただけるツールになっています。

 

 

 

▲誰一人取り残さないレポート表紙

 

 

▲コマニーSDGs∞(メビウス)モデル

 

当社は、SDGsを達成するためには一人一人に焦点を当てて取り組むことが重要であると考えており、2018年9月にコマニーが目指す「関わるすべての人の幸福に貢献する」経営を実現するための価値創造モデルとして「コマニーSDGs∞(メビウス)モデル」を制定しました。このメビウスモデルは誰レポにも掲載しており、当社がどのような人達と間仕切りを通して関わっているのかを細かく示しています。このメビウスモデルをもとにすべてのステークホルダーに対する目標を明確にし、持続可能な開発目標の達成に向け、現在も継続して企業価値の最大化を図っています。これまでは、気候変動やトラックドライバー不足などの社会問題に対して改善?改良の取り組みを行ってきました。

本レポート公開を機会に、ステークホルダーとの対話から更なる企業価値の向上に繋げていきます。

 

 

 

 

誰一人取り残さないレポートの内容(目次)

○トップメッセージ

〇「誰一人取り残さない」の実現を支えるコマニーの価値創造

  「間仕切り」で環境づくり、人づくりに貢献

  コマニーSDGs∞(メビウス)モデル

○コマニーが考える「誰一人取り残さない」

 

○活動事例

  超高齢化社会でも高齢者を取り残さない

  公共空間のトイレにおいて誰一人取り残さない

  地震による室内の倒壊から誰一人取り残さない

  ジェンダーギャップ解消に向けた積極的な取り組み

  コマニーグループ人権方針を制定

  サプライヤー様と協同で共存共栄の実現

  地球環境保護に取り組み誰一人取り残さない

  産官連携で地方創生へ貢献

  NPO法人との市民共創社会の実現に貢献

 

 

 

誰一人取り残さないレポート(PDF)

 

 

 

統合報告書

非財務情報と財務情報の両方の観点から、 2030年に目指す姿とその計画を経営戦略として明確にまとめたコミュニケーションツールです。

 

 

 

統合報告書(PDF)

 

 

 

プレスリリース全文(PDF)

]]>
600KWの太陽光発電 稼働のお知らせ http://www.wxyongxin.com/news/2019/11/11/14524/ Mon, 11 Nov 2019 08:48:58 +0000 http://www.wxyongxin.com/?post_type=news&p=14524 続きを読む 600KWの太陽光発電 稼働のお知らせ]]> コマニー本社の太陽光発電が1MWに

新たに600KWの太陽光発電が稼働

~2040年に自社再生エネルギー割合100%を目指して~?

 

2019年11月11日?

 

パーティションで快適空間?機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役社長執行役員:塚本健太)は、本社工場に新たな太陽光発電システム600KW を設置し11月1日より稼働いたしました。

 今回の設置された太陽光パネルの設備はパネル枚数2100枚で出力600KWとなり、年間発電量が673,000KWhとなります。既に2014年度にはコマニーでの太陽光発電システムは稼働していましたが、これまで出力は400KWでした。今回の設置により、コマニー本社地区では1MWの太陽光発電システムとなります。総計1MWの発電能力で、コマニー全体の電力使用量の17%に相当する発電を自社再生可能エネルギーで行えるようになりました。

 これにより、コマニーが発電する太陽光パネルのCO2排出削減量は310t/年と見込んでおり、スギの木の二酸化炭素吸収量に換算すると約14,500本相当の効果となります。

 コマニーでは消費電力量 10GWh 未満の企業を対象としたイニシアティブ「再エネ 100 宣言 RE Action(アールイー?アクション)」に初回参加団体として10月9日に加入し、再生可能エネルギーの割合を2040年までに100%を目指すことをコミットメントしており。目標達成ができるように、これらかも企業責任として地球環境保全に先進的に取り組んでまいります。

 

600KWの太陽光発電

 

 

 

■再エネ 100 宣言 RE Action の詳細について?

 公式ウェブサイトをご参照ください。

 

公式ウェブサイト(PDF)

 

 

■RE100について

  RE100は、世界で影響力のある企業が、事業で使用する電力の再生可能エネルギー100%化にコミッ トする協働イニシアチブです。再生可能エネルギーの活用は企業の排出削減目標の達成につながり、広範囲なエネルギーコスト管理を可能とするため、賢明なビジネス上の判断と言えます。RE100 には、 情報技術から自動車製造までフォーチュン?グローバル500 企業を含む多様な分野から企業が参加し、 その売上合計は4 兆5000 億米ドルを超えています。企業が結集することで、政策立案者および投資家に対してエネルギー移行を加速させるためのシグナルを送ることを意図しています。RE100 はThe Climate Group がCDP とのパートナーシップのもとで主催しています。日本では2017年4月より、日 本気候リーダーズ?パートナーシップ(JCLP)がRE100の地域パートナーとして、日本企業の参加を支援しています。?

 

 

プレスリリース全文(PDF)

]]>
コマニーグループ統合報告書2019発行のお知らせ http://www.wxyongxin.com/news/2019/10/16/14081/ Wed, 16 Oct 2019 05:16:51 +0000 http://www.wxyongxin.com/?post_type=news&p=14081 続きを読む コマニーグループ統合報告書2019発行のお知らせ]]> コマニーグループ統合報告書2019を発行

~コマニーの2030年に目指す姿を明確したコミュニケーションツール~

 

2019年10月16日

 

 パーティションで快適空間?機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役社長執行役員:塚本健太)は、従業員やお客様、投資家様、地域社会などあらゆるステークホルダーを対象としたコミュニケーションツールとして「コマニーグループ統合報告書2019」を2019年10月16日に初めて発行しました。

 今後、本レポートをステークホルダーの皆さまとの対話の中で積極的に活用するとともに、皆さまからのフィードバックをいただき、さらなる内容の充実を図ってまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

?

 

▲統合報告書表紙

 

▲統合報告書2030年に目指す姿

 

 

統合報告書とは、非財務情報(定性的データ)と財務情報(定量的データ)の両方の観点から、自社の独自の強みや経営ビジョン、今後の事業展開とその見通しについてまとめたコミュニケーションツールとなります。
これまでは、2016年?2017年に「コマニーグループCSR報告書」、2018年に「コマニーグループサステナビリティレポート」を発行しておりましたが、全てのステークホルダーの皆さまに、よりコマニーを理解していただくために、当社の中長期的な価値創造ストーリーを加えた統合報告書を発行しました。当社の統合報告書では、価値創造モデルである「コマニーSDGs∞(メビウス)モデル」から、2030年に目指す姿とその計画を経営戦略として明確にまとめております。
今後、本レポートをステークホルダーの皆さまとの対話の中で積極的に活用するとともに、皆さまからのフィードバックをいただき、さらなる内容の充実を図ってまいります。

 

 

統合報告書(PDF)

 

 

プレスリリース全文(PDF)

 

 

]]>
次世代認定マーク「くるみん」取得のお知らせ http://www.wxyongxin.com/news/2019/06/28/13833/ Fri, 28 Jun 2019 06:18:27 +0000 http://www.wxyongxin.com/?post_type=news&p=13833 続きを読む 次世代認定マーク「くるみん」取得のお知らせ]]> 2019年6月28日

 

コマニーが次世代認定マーク「くるみん」を取得

~仕事と子育ての両立を重視した取り組みで社員一人ひとりが活躍できる環境に~

 

パーティションで快適空間?機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役 社長執行役員:塚本健太)はこのたび、厚生労働省より「次世代育成支援対策推進法」(以下「次世代法」)に基づく「子育てサポート企業」として認定され、次世代認定マークである「くるみん」を取得したことをお知らせ致します。

 

「くるみん」認定制度は、次世代法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、次世代育成に関する支援の計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業が、厚生労働大臣の認定を受けられる制度です。

 

 

コマニーは、2015年より次世代法に基く行動計画を策定し、仕事と子育ての両立を重視し、男女共に取得可能な時短勤務?時差出勤制度の導入や長時間残業削減の取り組みなどを実施して参りました。このたび「行動計画」で掲げた内容の実績が評価され「くるみん」マークの取得につながりました。今後も子育てサポートはもとより、社員一人ひとりが活躍できる環境整備に積極的に取り組んで参ります。

 

◆行動計画 期間:2015年4月1日~2019年3月31日

 

目標

実績評価

妊娠中の女性社員に対して母性健康管理について個別資料の作成をして社員に配布し、制度の周知を図る。

?出産予定の社員に対して、個別面談をおこない、産前?産後休暇、育児休業などの制度についての説明?周知。

?全社員に対しても「働き方改革レポート」を作成し、制度や給付金の周知を実施。

小学校就学前の子を持つ社員が希望する場合に利用できる時短勤務及び時差勤務できる制度を周知する。

女性が働きやすい職場環境?制度づくりを目的に女性活躍推進チームを発足し、時短勤務と時差勤務制度を規定し、社内に周知。

所定外労働を削減するための取り組みの充実?促進を行う。

?毎週水曜日をノー残業デーに設定し、部門責任者からの周知や定時退社を促す放送などを実施。

?所定外労働時間が20時間を超える対象者に残業時間の実績や推移を知らせ、長時間労働の抑制を実施。

?36協定において、残業の上限時間を毎月120時間から80時間に変更し残業時間削減の啓蒙を実施。

 

 

【本件のお問合せ

コマニー株式会社 サステナビリティ経営推進室(担当:北村)

TEL:0761-21-1201 

 

【リリースPDF】

コマニーが次世代認定マーク「くるみん」を取得

]]>
小松市とSDGs推進に関するパートナー協定締結のお知らせ http://www.wxyongxin.com/news/2019/06/28/13823/ Fri, 28 Jun 2019 01:30:30 +0000 http://www.wxyongxin.com/?post_type=news&p=13823 続きを読む 小松市とSDGs推進に関するパートナー協定締結のお知らせ]]> 2019年6月28日

 

小松市×コマニー

SDGs推進に関するパートナー協定を締結

~「空間創り、環境共生、防災?減災、次世代育成」などの協力でより良い社会の実現へ~

 

パーティションで快適空間?機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役 社長執行役員:塚本健太)は小松市とお互いの多様な強みや資源を活かして、SDGs(持続可能な開発目標)が目指すより良い未来を創るため、共に行動し、協力していくことを目的とする「SDGs推進に関するパートナー協定」を2019年6月27日に締結致しました。

 

 

 2015年9月の国連サミットにて全会一致で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)について、日本では推進本部を設置し推進するとともに、自治体や企業等の取り組みを促進しています。

 コマニーでは、2018年4月にSDGs宣言を表明するとともに、SDGsを経営に実装したビジネスモデル「コマニーSDGs ∞(メビウス)モデル」を制定、また、人々のみならず、社会や地球にもより良い製品づくりや、様々な機会を通じた普及啓発など、SDGsが目指す持続可能な社会に向けて積極的な活動を展開しています。

 今回、コマニーの本社所在地である小松市とパートナー協定を結ぶことにより、市民や地域への幅広い普及啓発はもとより、双方のまちづくりや事業活動での展開など、お互いの強みや資源を活かして活動していくことで、SDGs推進の効果を高めてまいります。そして誰にも心地よい空間創りの推進をはじめ、環境共生、防災?減災、次世代育成などの各分野について、双方または共通での活動を通じて、SDGsが目指すより良い社会の実現を推進してまいります。

 

 

【本件のお問合せ

コマニー株式会社 サステナビリティ経営推進室(担当:北村)

TEL:0761-21-1201 

 

【リリースPDF】

SDGs推進に関するパートナー協定を締結

]]>
コマニーグループ人権方針を掲載しました http://www.wxyongxin.com/news/2019/06/26/13818/ Wed, 26 Jun 2019 08:11:16 +0000 http://www.wxyongxin.com/?post_type=news&p=13818 ROAD to 2030 ダイアログ~SDGsに取り組む地元企業との対談~ページを掲載しました http://www.wxyongxin.com/news/2019/06/20/13777/ Thu, 20 Jun 2019 05:44:14 +0000 http://www.wxyongxin.com/?post_type=news&p=13777 SDGsビジネスアワード受賞のお知らせ http://www.wxyongxin.com/news/2018/11/07/12541/ Wed, 07 Nov 2018 07:00:48 +0000 http://www.wxyongxin.com/?post_type=news&p=12541 コマニーSDGsレポートを公開しました http://www.wxyongxin.com/news/2018/10/26/12458/ Thu, 25 Oct 2018 22:30:46 +0000 http://www.wxyongxin.com/?post_type=news&p=12458 コマニーSDGs∞(メビウス)モデル制定のお知らせ  http://www.wxyongxin.com/news/2018/09/28/12186/ Fri, 28 Sep 2018 07:58:59 +0000 http://www.wxyongxin.com/?post_type=news&p=12186 国連グローバル?コンパクトに署名のお知らせ http://www.wxyongxin.com/news/2018/08/28/11989/ Tue, 28 Aug 2018 05:34:16 +0000 http://www.wxyongxin.com/?post_type=news&p=11989 コマニーSDGs宣言のお知らせ http://www.wxyongxin.com/news/2018/04/02/9085/ Mon, 02 Apr 2018 04:48:19 +0000 http://www.wxyongxin.com/?post_type=news&p=9085
日本无码电影_日本极度色诱视频_韩国 三级